体への影響について

高貴な花という別名をもち、青リンゴのような甘酸っぱい香りが特徴の精油です。

 
ヨーロッパでは古くから、女性と子供の精油とも呼ばれ、感情のコントロール目的

 

や寝付きの悪い子供のために使用したり、その痛み全般を和らげる効果から、鎮

 

痛剤としても使用されてきました。

 
この精油は鎮静作用があり、中でも中枢神経を鎮静する作用が強いです。

 

そのため、大きなショックがあった時の使用が有効です。また、頭痛、歯痛、関節

 

痛、生理痛など体の痛み全般の鎮痛作用もあります。

 
それに、胃腸を整える作用もあるため、消化不良にも効果があります。

 
抗炎症、抗アレルギーの作用があり、じんましんやアトピーなどの皮膚のかゆみへ

 

の効果があったり、皮膚の代謝を高め、ターンオーバーを促す作用から、しみ、そ

 

ばかすなどへの効果も期待できます。

 
それと、その効果は少ないですが、月経を促す作用から、生理不順や更年期障害にも効き目があります。
この精油は香りや作用が強いので、1回の使用は1から2滴程で効果があります。高濃度で使用すると、頭痛や吐き気を催す場合があるので、使用の際はご注意ください。また、向精神薬や鎮静剤、睡眠剤との併用は、薬が効き過ぎることがあるので避けてください。