心への影響についてkokoro9

カモミールはアロマオイルの中でも比較的知名度の高いオイルです。

 

ローマンとジャーマンという2種類のオイルがありますが、ジャーマンは草原のよう

 

なさわやかな香りなのに対し、ローマンは青りんごのような穏やかで優しい香りが

 

特徴です。
ローマンは精油の中でも穏やかな作用のある精油で、「植物のお医者さん」という

 

別名が付けられるほど子供からお年寄りまで幅広い世代で使えます。

 

中枢神経を鎮静する効果があり、不安な時や緊張している時などに心を穏やかに

 

落ち着ける効果があります。ただし、鎮静剤や睡眠薬などとの併用は、中枢神経

 

を鎮静しすぎることもあるので避けたほうがベターです。また、頭痛や摂食障害に

 

効果があるという臨床例があります。
ローマンの芳香成分には炎症を和らげる効果のあるアズレンが含まれています。アレルギーやアトピー肌の人でも使えることが特徴です。また芳香成分の70パーセントをアンゲリカ酸イソブチル・アンゲリカ酸イソアミルのエステル類が占めています。このエステル類は人をリラックスさせる作用があり安眠へ誘う効果があります。つまり、ローマンカモミールはストレスに晒され、精神的・肉体的ともに緊張状態にある現代人に最適のアロマオイルなのです。